クリスマスツリーの飾り付け方やサイズと価格!リースの手作り方法とは?

ハロウィンが終わると、次のイベントはクリスマスですよね。

11月に入ると、少しずつクリスマスモードになって来ます。

なので、クリスマスのデコレーションを見ているだけで、楽しい気持ちになったり、購買意欲も強くなり、ついつい何か買ってしまいそうになります。

デパートをはじめ、お店のクリスマスのデコレーションってそういう気持ちも誘うから危険です。

そのお話は少し置いといて、今回はクリスマスツリーについてご紹介します

スポンサーリンク

クリスマスツリーの飾り付け方やリースなどの手作り方法とは?

家もイルミネーションとまではさすがにですが、少し、クリスマスツリーやリースを飾ってみたいと思いました。

上手に飾っているお家もありますよね。

そんなに手をかけられませんが、今年はクリスマスツリーでも飾ってみようかなと思います。

私の実家では、毎年クリスマスツリーは11月末頃から出して飾り付けしてました。

飾り付け方としては、まず最初に雪に見立てた白い綿をツリーに付けた後、飾り物のエンジェルや星、金や銀、赤色の玉などを吊るします。

最後に、LEDのカラフルな電飾を付けたら完成です。

ちなみに、以前に一度リースを手作りしたことがあります。

完成したものを買ってきてもいいですし、手作りするとしたら、今は100円均一や300円均一などで、ツールは揃いそうですよ。

クリスマスのリース

リースの土台も100円均一で売っています。

そこにリボンやボールチェーン(同じく100円均一)を巻きつけていきます。

  そこに、ワイヤーや接着材などを使って、松かさやゴールドボール、星の形をした飾りなどを付けていくだけでできると思います。

クリスマスツリーはリビングに、リースを玄関扉に吊るしておくだけで雰囲気が出ますよ。

クリスマスツリーのサイズと価格

そもそも、クリスマスツリーって一体どれくらいのお値段なんでしょう?

ここ数年、ツリーを買うなんてことなんてなかったので、どれぐらいなのかもあまり分からず、価格.comで調べてみました。

すると、高いものになってくると、10,000円以上もするんですね。

  その中でも、150センチが一番ポピュラーなサイズと言われています。

棚の上などに飾る感じであれば、90センチ以下のものを、150センチよりももう少しコンパクトな方がよければ、120センチでもいいかもしれません。

180センチになってくると、かなり大きいですよね。

私も120センチぐらいでちょうどいいかなと思いましたが、150センチのものの方が種類も多く、150センチで探してみました。

クリスマスツリーとオーナメントがセットになったもので、LED電飾も付いて、安いものであれば2,614円であります。

電飾も今はLEDなんですね。

3,000円ぐらいで探せたらいいですよね。

まとめ

ネットで「クリスマスツリー」と検索するだけで、すごい数のものが出てきます。

種類もお値段もピンきりでいろんなものがあります。

グラスファイバーを用いたクリスマスツリーは、きれいな色に輝いてくれるのですごくステキなんんですが、それなりにお値段もしますよね。

60センチぐらいのものでも、5,000円前後になります。

  やはり、3,000円前後の昔からあるような、折りたたみ式のものがお値段的にも一番おすすめかなと思います。

購入するとしたら、ホームセンターや東急ハンズなどでも売っていると思いますが、大きくて持ち帰るのも面倒です。

なので、クリスマスツリーもネット通販などを利用するとお手軽でいいと思いますよ。

スポンサーリンク

 

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す