お腹にたまった脂肪を簡単に落とす運動!お腹が出てきた方は必見ですよ!

全体的な体重は変わっていない、反対に少し痩せているのに、お腹が少し出てきたなんてことありませんか?

ダイエットして、体重は自分の理想体重に戻せたのですが、お腹の脂肪がすごく気になり、悩んだ時期がありました。

年齢とともに、お腹に皮下脂肪や内蔵脂肪がつくと言われていますが、本当だな~って実感しました。

そこで、私が試してみたお腹の脂肪を落とす運動や、やって効果のあった運動などをご紹介します。

スポンサーリンク

私が試したみたお腹の脂肪を落とす運動

ぽっこりお腹の脂肪を減らすには、まずは腹筋だと考えました。

腹筋を鍛えると、お腹も引き締まると思い、毎日、腹筋をすることにしました。

  上の腹筋は、寝転がって両膝を立てて、30回。

頭の後ろに手を添えて、腹筋を意識しながら、ゆっくりと上げていくようにやっていました。

完全に起き上がるようにすると、反動をつけてしまうので、お腹を縮めることを意識するようにします。

腹筋だけではお腹の脂肪は減らない

  そして、下の腹筋を30回。

寝転がって、両膝を上げた状態で、同じようにお腹を縮めていくようにします。

やり終わった後は、結構お腹に効いているようには思いました。

でも、お腹の脂肪はほとんど減ってくれなくて、どうしてなんだろうと思って調べてみたんです。

どうして腹筋だけではお腹の脂肪は減らないのか?

  結果からいうと、腹筋だけでは、お腹に蓄積した脂肪は減らないということがわかりました。

お腹の中の筋肉の張力を意識した運動を続けないと、ぽっこりお腹やデコボコお腹はへこんでくれないそうです。

お腹の中にある筋肉を鍛えないといけないみたいですね。

  なので、腹筋だけでは、外側の筋肉しか効いていなかったみたいです。

効果的にお腹の脂肪を減らす運動

じゃあ、実際どんな運動をしていったらいいのか?

腹筋するよりもすごく簡単で、そんなことで大丈夫なの?と私も最初は思いました。

背筋を伸ばして、お腹をぎゅっとへこませるだけでいいんですよ

背筋をぴんとまっすぐ伸ばして立ち、1分間お腹をへこませてみてください。

出ているお腹がぎゅっとへこみ、それを1分間へこませるのって意外としんどいと感じました。

  しかも、その状態で歩くとなると、さらにしんどいです。

ただ、お腹をへこませているだけなんですが、背中や腰の筋肉も使っていて、こうすることで実は全身の筋肉を使っているそうです。

この時、腰に負担がかかるように感じる人は、お尻の穴をしっかりと閉めるようにするといいですよ。

お腹をぎゅっとへこませた状態のままのスタイルをずっとキープしていきたいものです。

まとめ

以上のような運動でも、これを続けていると、少しずつお腹の脂肪は減ってきているように感じます。

本当にお腹の中の筋肉が、少しずつ鍛えられているとともに、脂肪が燃焼していっているんだなと思いました。

筋肉って鍛えられた方向に伸びたり、縮んだりして、その形を覚えようとする形状記憶作用があるそうです。

鍛えながら、その形を覚えてくれるということですね。

背筋を伸ばして、お腹をぎゅっとへこませるだけの簡単な運動です

これなら、いつでもどこでも簡単にできることなので、私も通勤電車の中でやったりしてお腹をへこませていますよ。

スポンサーリンク

 

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す