地震の後や余震が続く時にやるべき事とは?常に側に置いておく物は?

平成28年熊本地震では震度7という大震災でした。

そんな大地震の後、余震が多く続いている状態だと不安になりますよね。

一体いつまで、どのくらい余震が続くのだろうと思ってしまいます。

そこで今回は、地震の後や余震が続く時にやるべき事とは何なのか、また、常に側に置いておく物は何かについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

地震の後や余震が続く時にやるべき事とは?

地震の後に余震が続く

大地震の直後や余震がたびたび続いている場合、まず身の安全を守ることが一番大切です

大地震や余震から身の安全を守るためにやるべきこと

 揺れが続いている最中に、慌てて外に飛び出さないこと。

 タンスや書棚、テレビなどの倒れやすい物から離れること。

 頭上からの落ちてくる物を避けるため、テーブルの下などに入ること。

 2階よりも1階の方が崩れやすいため、2階へ避難すること。

 どうしても外に避難できない場合はトイレに避難すること。

家の中で構造上、一番強い場所は狭い空間の四隅を柱で囲んだトイレです。

そのため、どうしても外に避難できないような場合は、一時的にトイレに避難するようにしてください

ただし、建物が倒壊する恐れが少しでもあると思ったら、トイレも危険ですから必ず避難所へ行くようにしてください。

 

 そして、地震の後や余震が続く時にやるべき事がこちらです。

 地震や余震の揺れが収まったら、断水するまでにトイレや料理、飲水に使う水を確保することです。

大地震が起こった後は、約2時間後ぐらいに断水することが多いので、その2時間の間に水道水を貯めてください

その場合、お風呂に目一杯水を貯め、その他にも鍋やペットボトル等のあらゆる物に水を入れて確保してください。

なお、水洗トイレを使う場合は、お風呂の水をバケツにくんで水洗トイレのタンクの中に入れて流せば普通に使うことができます。

 地震や余震の揺れが収まったら、いつでも外に避難できるように家の中でも厚底の靴を履いておくことです。

特に大地震が起こった場合、当然のごとく家の中はタンスや冷蔵庫なども倒れ、足の踏み場もない状態になります。

そうなってから靴を探しているようでは遅すぎます。

なので、大きな地震の後や余震が続くようなら、すぐに靴を履いておきましょう

 家の中の部屋のドアはすべて開けておき、玄関のドアの鍵を開けておくことです。

地震や余震の影響で物が倒れてくると出れるはずのドアが開かなかったり、通れなくなる可能性があります。

また、慌てていると玄関のドアを開けるのが遅くなって逃げ遅れることもありますから、大地震や余震が頻繁に続くようなら、すぐに逃げれるようにしておきましょう。

 携帯電話やスマートフォンなどの通信機器は、すぐにフル充電するようにしてください。

大地震の後は、電気が使えるのは最初の内だけで、すぐに停電になる可能性が大きいので、電気が通っている内に充電しておきましょう。

 停電した場合は、必ずブレーカーを切ってください。

電気が復旧して通電した際に火災になるのを防ぐためです

慌てているとどこにブレーカーがあるのか分からない事が多いので、予めブレーカーの位置やどのスイッチを切るのかを確認しておきましょう。

 家の壁のひび割れが大きい場合や建物が少しでも傾いていると感じた場合は、余震が収まった時を見計らって、すぐに避難所等に避難してください。

 無理に家の中にとどまっていると、次の余震で家や建物が倒壊してしまう可能性が高いです。

ここで大丈夫だろうと思っていると、後で公開することになりかねません。

確かに避難所では不自由な生活になり、夜も熟睡することはできなくなりますが、次の余震で倒壊して命を落とす心配はありません。

一番大切な命を守ることを第一に考えて行動しましょう

スポンサーリンク

地震の後や余震が続く時に常に側に置いておく物は?

大地震や余震が続くようなら、いつでも避難所に行けるようにしておかなければなりません

 そのためには、直ぐに持って出れるように常に側に置いておく物を確認しておきましょう。

  • 財布・現金
  • 携帯電話・スマホ
  • メガネ
  • 常用している薬
  • 預金通帳と印鑑
  • 保険証・お薬手帳


取り敢えず、以上のものは常にそばに置いておくことが大切ですよ。

なお、避難所に行けば食料や水はありますが、それが出されるのはある程度の時間が経ってからになります。

つまり、避難所に行っても直ぐに食事が用意されるわけではないのです

 そのため、日頃から緊急時の食料や飲料水は自分で備蓄して置き、両手が使えるリュックなどに非常食や防災用品などをまとめて入れておくようにしてください。

防災用品・防災セット 楽天で見る

以前の大地震と熊本地震との余震回数の比較

以前の大地震と熊本地震との余震回数の比較

熊本地震 余震回数 比較

 上記のグラフは、マグニチュード3.5以上の余震だけをカウントしていますが、新潟県の中越地震が本震から20日で220回ぐらいですが、熊本地震では14日で同じ回数に達しています。

また、熊本地震は阪神大震災と同じマグニチュード7を記録しましたが、阪神大震災の場合は20日間で余震の回数は100回程度ですが、熊本地震では14日間で220回も余震があり、まだまだ余震が増えそうないきおいです。

 

熊本地震リソースマップの情報が凄い!

グーグルでは「熊本地震リソースマップ」を提供しています。

 このリソースマップは「Youth Action for Kumamoto」(YA4K)が情報源で、今営業しているスーパーや飲食店、薬局、ガソリンスタンド、ホームセンター、銭湯・温泉などの情報が分かります。

また、炊き出しや支援物資の集積地、一時避難の受入れ施設、ボランティアセンター及び滞在施設などの情報もひと目でわかるので下記の「Youth Action for Kumamoto」サイトをチェックしておくといいですよ。

熊本地震リソースマップ 「Youth Action for Kumamoto」

地震発生から津波が到達するまでの時間は?

東日本大震災が発生した時は、大津波が海岸に到達するまでの時間は、同一時刻でした

つまり、地震発生と津波の第一波の到来は、14時50分頃だったのです。

 ただし、津波の第一波と最大波の間隔が30分以上も違っていた地域もありました。

そのため、一旦避難した人が避難先から自宅に戻ったりして、第二波の津波に被災した人たちも多くいました。

実際に地震発生後に2時間近く経ってから津波が到着した例もあります。

では、地震発生からどれくらいの時間が経てば大丈夫なのかと言うと、3時間以上は避難先に留まることをおすすめします。

その際でも、テレビやラジオで「津波注意報」が解除されたことを必ず確認してください

スポンサーリンク

 

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す