飛行機に乗るときにパソコンは預けるべきなの?持ち込みで使用はできるの?

飛行機

最近はどこに行くのでも持ち運ぶ人が増えたものとして、パソコンがあげられますよね。

仕事でも旅行でも、でかける時の必需品となっている人も多いようです。

さて、飛行機に乗り慣れていない人であれば、パソコンを預けるべきかどうなのかと考えている人もいるのではないでしょうか。

また、持ち込みをした場合、使用できるのかということについても紹介をしていきたいと思います。

飛行機に普段あまり乗り慣れておらず、実は知らないという方は是非読んで参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

飛行機に乗るときにパソコンは預けるべきなの?

 

 飛行機に乗るときに、パソコンを荷物として預けるべきかどうかという問題についてですが、飛行機に乗るときにパソコンは預けるべきではありません

必ず自分自身で持って、自分自身の席の近くで保管するようにしてください。

特に国際線なんかはもっての他です。

 その理由としては、とにかく外国ではスーツケースの取扱いが雑にされてしまいます。

小さな傷は日常茶飯事で、中には壊されていたり、中身が盗られたりしてしまう場合などもあります。

なので、パソコンを荷物で預ける場合には壊れるリスク、盗られるリスクが非常に高まります。

 

また、これは私自身も経験のあることなのですが、急なストライキで荷物と体が別々に帰ってきたこともあります。

その時は幸いに手元に問題なく返ってきましたが、そんなことも度々起こり得ることです。

そのため、飛行機に乗るときにパソコンは預けるべきではなく、手元で大切に保管するようにしてください。

 航空会社のルールとしても、中に持っていくことはルール違反にはなりませんし、最近の席では、席の前にパソコンを入れる用のスペースをつくってくれているところもあるぐらいです。

また、手元で保管をしておく際の注意点としては、固定してリュックや鞄などに入れておくということです。

飛行機に乗ったことがある人ならば分かると思いますが、機体が急に傾くことなども想定されますので、そうなっても動かないようしっかりと固定して収納しておくことが大切です。

パソコンも昔に比べれば、比較的に安価で購入ができるようになったものですが、みすみす壊してしまわないよう十分注意してくださいね。

Sponsored Link

 

飛行機にパソコンを持ち込みした時に使用はできるの?

 

 飛行機にパソコンを持ち込みした場合ですが、基本的に使用することができます

ですが、一部制限などもありますので、飛行機にパソコンを持ち込みした場合の使用について、詳しくみていきたいと思います。

 まず、離陸するときや着陸するときですが、電波のでていない状態、すなわちインターネットにつないでいない状態であれば、使用はできます。

たとえば、ワードやエクセルをつかってデータを作成するだけの場合などは、使っても問題ありません。

 

ちなみにですが、Wi-Fiを貸してくれる航空会社なんかもありますので、事前に知っておくと便利ですね。

 簡単に紹介しておくと、ANAは有料で事前予約、JALであれば無料でWi-Fiの利用は可能になっています。

また、飛行機にパソコンを持ち込み、使用する場合の注意点ですが、機内モードにしておいたほうがいいでしょう。

そして可能であれば、出発前に機内モードに切り替えておいた方がベターです。

ウインドウズであれば、ショートカットキーでも設定からでも簡単に変更ができますし、マックであってもシステム環境設定から簡単に変更が可能です。

 最後にもう一つ注意をしておくべき点として、予備のバッテリーや充電器の問題があります。

これらについては、含まれているニッケルの量やワット数などの制限が設けられており、それを超える場合は持ち込み禁止となってしまいます。

ですから、予備のバッテリーや充電器を持ち込むことを考えている場合は、事前に問題ないのかどうか確認をしておくことが必要です。

機内のルールは当然、安全のためのルールですので、必ず守るようにしてくださいね。

 

まとめ

飛行機に乗る際には、パソコンは預けるべきではありません。

特に海外旅行なんかはもってのほかで、残念なことですが、スーツケースの扱いがとにかく雑なため、壊れるリスク、盗まれてしまうリスクなどが決して低くないのが現状です。

ですから、必ず手元で保管するようにしてください。

また、持ち込みをして使用する場合は、あらかじめ機内モードにしておきましょう。

バッテリーや、インターネットなど、搭乗時のルールは必ず守るようにしてくださいね。

Sponsored Link

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す