目がかすむ原因は脳に関係ある?ぼやけるのが片目だけなら病気?

目がかすむ

毎日仕事で長時間パソコンを使ったりしていると、目がかすむ、ぼやけるなどすることはないでしょうか。

一般的に目の老化は早いと言われていますが、もしかしたら老化ではなく、脳の病気かもしれません。

特に、片目だけ目がかすむ、片目のみ目がぼやける、そんな人は要注意です。

そこで今回は、目がかすむ原因や、片目だけ目がぼやけるなど、脳の病気の可能性について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

目がかすむ原因は脳にあるの?片目のみの場合は?

目がかすむ原因 脳

 

目がかすむ、ぼやけるなどの症状が出たら、それも片目のみの症状であれば、一度病院を受診することをお勧めします

 もしかしたら、目がかすむ原因は脳にあるかもしれないからです。

目がかすむ、ぼやけるなどといった症状は、人によって様々です。

例えば、近くのものが見えにくい場合や、視界の一部がかすんで見えたり、ぼやけて見えたりするなどといった場合があります。

もともと、目がかすむ、ぼやける原因は、単たる疲れ目であったり、加齢によるものであったり、ドライアイであったりすること多いと考えられます。

また、白内障や緑内障といった目の病気の場合も想定されます

いずれにしても、早期に眼科を受診するほうがいいですが、特に片目のみ目がかすむような症状になっているとしたら、注意が必要です。

なぜなら、目がかすむ原因が脳にある可能性があるからです。

なんな片目のみが目がかすむ原因で、一番怖い病気が『脳腫瘍』です。

 メガネをかけても症状が改善されない場合や、急激に片目のみがかすむ感じで見えにくくなってしまった場合は、脳腫瘍のリスクも考えられます。

脳腫瘍ができることで、嘔吐や頭痛などの症状のほか、脳の機能障害を引き起こし、腫瘍ができる場所によっては、視力障害も引き起こします。

目がかすむ、片目のも目がぼやけるような時は、脳腫瘍の可能性もあるため、早期受診をお勧めします

Sponsored Link

 

目がかすむのは病気?片目だけの場合は?

目がかすむ 病気 片目だけ

 

目は身体の中でも特に老化が早く、40代ぐらいの人でも、目がかすむと感じる人は多いのではないでしょうか。

単に疲れ目なだけの場合もありますが、病気になっている場合もあります。

特に片目だけ目がかすむ症状が出ている人は、注意が必要です

 

目がかすむ病気、それも片目だけに症状がでるものは様々あります。

白内障や緑内障、ドライアイなどは、ご存知の方も多いと思います。

また目がかすむ病気ではなく、単なる目の疲れや、使用しているコンタクトレンズの汚れによっても、目がかすむ場合があります。

眼の角膜は繊細で、非常に傷つきやすいものです。

目に直接装着させるコンタクトレンズは、雑菌が繁殖している可能性も高いので、洗浄や消毒をこまめに行う必要があります。

それも片目だけでなく、両目ともしっかりとケアが必要です。

 

目がかすむ病気で一番怖いのは、『糖尿病性の網膜症』です。

糖尿病性の網膜症は、糖尿病からおこる合併症の一つで、最悪の場合は失明してしまうことがあります

 糖尿病を患っている人で、片目だけでも目がかすんできたら、まずは網膜症を疑う必要があります。

目がかすんでいると感じた段階で、すでに目の血管は、血液や栄養の供給を阻害されてしまっています。

直ちに治療を始めないと、すぐに緑内障や白内障などの合併症を引き起こしてしまいます

 

まとめ

目は五感の中でも、特に使う頻度が高く、その分消耗も激しいものです。

目がかすんできた、目がぼやけてきたと感じたら、すぐに眼科を受診することが大切です。

目薬で治る程度のものならいいですが、悪い場合は失明の危険性を伴う糖尿病性の網膜症の可能性や、脳腫瘍が出来ている可能性もあります。

なかなか病院にかかるのが億劫な人も多いとは思いますが、手遅れにならないためにも早期受診をお勧めします。

いつまでも健康でいるために、目も大切にすることが大事だと思います。
 
人間は健康が一番ですから、仕事で頑張りすぎて身体を壊さないよう、病気の知識を学ぶことも大切です。

Sponsored Link

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す