アレルギー性鼻炎は姿勢を正すと治るって本当!?原因物質と対策は?

アレルギー性鼻炎になると、クシャミや鼻水が止まらなくなりますよね。

夜寝てても鼻がつまった状態になることが多いので、口呼吸になるため喉が痛くなったりもします。

アレルギー性鼻炎を引き起こす原因物質を見つけるには、病院の内科に行けばアレルゲンを特定する検査が受けられます。

そこで今回は、アレルギー性鼻炎は姿勢を正すと治るって本当なのかアレルギー性鼻炎の原因物質と対策などについてご紹介します。

スポンサーリンク

アレルギー性鼻炎は姿勢で治る?

アレルギー性鼻炎 姿勢

アレルギー性鼻炎が治るという新しい治療法が最近注目を集めています。

それは、背骨を矯正するという方法です。

 アレルギー性鼻炎と背骨とは関係がないように思いますが、実はこの治療法で300人以上のアレルギー性鼻炎の患者さんが治ったそうです。

日本人の多くは姿勢が悪いため、背骨のどこか一つがズレていたり、全体的に左右のどちらかに曲がっている人が多いそうです。

人間の背中には、副腎皮質につながっている神経が通っていて、その副腎皮質からはステロイドという物質が分泌されています。

このステロイド物質がアレルギー性鼻炎を抑える効果があるそうです。

しかし、姿勢が悪くて背骨がズレていたり曲がっていたりすると、ステロイド物質の分泌が極端に少なくなります。

つまり、姿勢が悪い人は背中の曲がっている人多いため、アレルギー性鼻炎になりやすいのです。

 そこで、背中の筋肉をつけながら背骨を矯正したところ、アレルギー性鼻炎が治ったという患者さんが増えたそうです。

ただし、背骨を矯正してアレルギー性鼻炎を治す治療法は、今も研究中で、まだちゃんとした治療法として確立していないようです。

でも、300人以上もアレルギー性鼻炎が治ったのなら、もう十分新しい治療法としてやればいいと思うのですが・・・

もっとも、背骨の矯正で姿勢の悪いのが治って、アレルギー性鼻炎まで治るとしたら、まさに一石二鳥ですよね。

アレルギー性鼻炎の原因物質と対策

アレルギー性鼻炎 原因 対策

最近では一年中、花粉症などのアレルギー性鼻炎で苦しんでいる人が増えています。

アレルギー性鼻炎の原因は、アレルギー物質に対する体の抗体反応です

 つまり、アレルギーの原因となる花粉などの物質(抗原、またはアレルゲン)が鼻の粘膜に付着すると、それに対して体が抗体反応を起こすのです。

 

このアレルギー性鼻炎の原因物質となるのが、空気中に浮遊している様々な花粉やハウスダストなどです

一般的にアレルギー性鼻炎を引き起こす花粉には、スギやヒノキ、カモガヤ、ハルガヤ、ブタクサ、ヨモギなどがあります。

また、アレルギー性鼻炎を引き起こすハウスダストには、ダニやダニの死骸、犬や猫などのペット、ゴキブリなどの通年性アレルゲン、蛾やユスリカなどの昆虫アレルゲン、カビなどの真菌などがあります。

これらの原因物質によって、止まらないクシャミや鼻水、目の結膜充血、ジンマシン、湿疹などの様々なアレルギー症状が出るのです。

特に日本人に多いと言われている原因物質がスギ花粉です

 スギ花粉が鼻の中の粘膜に付くと、そのスギ花粉が鼻の中の水分を吸収して大きくなり、花粉の外側にある皮が破れ、花粉の中身が出てきます。

このスギ花粉の中身が鼻の粘膜の組織に吸収されることで体が抗体反応を起こし、クシャミや鼻水が止まらないなどの症状を引き起こすのです。

 

また、アレルギー性鼻炎が悪化するのは、気温や湿度も関係しています

特に春先や秋口などは、寒暖の差が大きくなりますよね。

 実は、前日の気温と比較して8度以上も下がったり、湿度が急激に低くなったりすると、アレルギー性鼻炎の症状が悪化するので注意してください。

対策としては、夜寝る時に足を窓側に向けて寝ると、アレルギー性鼻炎の症状を少しは和らげることができます

その理由は、部屋の温度は夜中から朝方にかけて窓側から下がるため、頭が窓側にあると窓からの冷気が鼻の粘膜を刺激するからです。

そのため、夜寝る時は、頭の位置をできるだけ窓から離すようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

私もハウスダストのアレルギー性鼻炎を持っています。

そのため、一年中、クシャミしたり、鼻水が出たりするので、夜中でも鼻が詰まって息苦しくなって起きたりします。

特にアレルギー性鼻炎の症状がひどい時は、風邪を引いているわけでもないのにクシャミや鼻水、頭痛もあるし、熱も出たりします。

今回の姿勢矯正でアレルギー性鼻炎が治るという情報を得て、私も背中が曲がっている姿勢をなるべくなくすようにしています。

背筋をピシッと伸ばした状態だと、心なしかクシャミや鼻水が出る回数も減っているので、けっこう効果がある感じです。

ちなみに、友人もアレルギー性鼻炎ですが、病院で減感作療法という免疫療法をやって治したと言っていました。

減感作療法とは、週に1回だけ皮膚の下にアレルギーの原因物質を注射して、体に免疫をつけるという治療法です。

今のところ、この減感作療法がアレルギー性鼻炎を根治できる唯一の治療法だと言われています。

ただし、アレルギー性鼻炎を患っている人すべてに効くわけではありません。

減感作療法をやっても治らない人や、3年以上もかかってやっと治る人もいるなどデメリットもあるのです。

そのため、今回の姿勢矯正でアレルギー性鼻炎を治す治療法を早く確立してほしいですね。

スポンサーリンク

 

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す