セーターを洗濯しても型崩れしない方法と干し方とは?

ウールのセーターって、中々家庭で洗濯できないですよね。

おそらく、クリーニング店に出している人が多いのではないでしょうか。

でも、ウールのセーターであっても家庭で型崩れしない洗濯方法があります。

また、型崩れしないような干し方もあるんです。

そこで今回は、セーターを洗濯しても型崩れしない方法セーターが型崩れしない干し方などについてご紹介します。

Sponsored Link

セーターを洗濯しても型崩れしない方法

セーター 洗濯 型崩れ

ドライマークの表示があるセーターを型崩れしないで洗濯する方法をご紹介します

 私の場合は、ドライマークがあるセーターでも、以前はエマールとかアクロンなどの中性洗剤を使ってました。

しかし、もっと良い液体石鹸を見つけました。

それがこの「サンベックドライ」です。

 このサンベックドライなら、ウールのセーターだけでなく、スーツやコート、学生服、ダウンジャケット、毛布まで家庭で洗えます。

 洗濯のやり方も簡単で、このサンベックドライをバケツに入れたぬるま湯に入れて手洗いするだけです。

ただし、セーターの色が白以外は別々に分けて手洗いしないと色移りがするので注意してください

 脱水する時は、手洗いしたセーターを手で軽くしぼって、その後は乾いたバスタオルに包みます。

 その後、包んだバスタオルごと足で踏みながら水分を出したら、あとは陰干しで乾燥させるだけです。

 なお、サンベックドライなら洗濯機でも洗えますが、型崩れを防ぐなら手洗いするのがコツです。

Sponsored Link

 

セーターが型崩れしない干し方

ウールのセーターを型崩れしないで干すには、専用のネットを広げたセーターハンガーがいると思ったかも知れません。

でも、そんな物がなくても、型崩れしない干し方があります。

 その方法とは、100均で売っているビニール傘があれば大丈夫です。

 まず、ビニール傘を広げて逆さまにします。

 ビニール傘の柄の部分を、物干し竿にかけてぶら下げます。

 広がった傘の部分に乾いたバスタオルを敷きます。

 最後は、洗ったセーターをその上にのせて形を整えます。

これで後は、セーターが乾燥するのを待つだけです。

ただし、セーターを干す場合は直射日光が当たると繊維が縮んでしまうため、必ず陰干しするようにしてください

 

まとめ

今回は、セーターを洗濯しても型崩れしない方法とセーターが型崩れしない干し方などについてご紹介しました。

今回ご紹介した方法以外には、お風呂に入った後のバスタブを利用する干し方もあります。

バスタブの上に蓋をして、その蓋の上に洗ったセーターを型崩れしないように形を整えて広げてのせておくだけです。

この方法だと、中に入っているお湯の温度でセーターに含まれる水分の蒸発が早くなります。

翌朝になったらセーターは生乾き状態ですから、後はアイロンをかけながら乾燥させるだけですから簡単ですよ。

Sponsored Link

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す