夏バテ対策に効く食べ物や飲み物は何?気持ち悪い時の対処方法!

暑い夏がやってくると、毎年夏バテしてしまいそうになります。

夏バテすると身体がだるくなってしまい、何もしたくなくなりますよね。

せっかくの楽しい夏ですのに、そんなダラダラ、バテバテ生活を送るのはもったいないですから、私は夏バテ対策をしています。

そんな夏バテに効く食べ物や飲み物、気持ちが悪くなった時などの対処方法についてご紹介します。

スポンサーリンク


夏バテ対策に効く食べ物とは?

夏バテすると、どうしても食欲が落ちてしまいますよね。

ついつい、喉ごしの良い冷たいそうめんやざるそば、冷やし中華ばかりを食べてしまいがち、なんてことになっていませんか?

それでは栄養補給もできていませんし、夏バテへまっしぐらですよ。

量はそれほど食べれなかったとしたも、せめて質でカバーしていきましょう。

 夏バテ対策に効く食べ物

・うなぎ、豚肉、レバーなどのビタミンB郡。

・たまご、豆腐、肉、魚などの良質なたんぱく質が豊富なもの。

・梅干やレモン、酢などの疲労物質を分解してくれる有機酸。

・トマトやきゅうり、なすびなどの夏野菜、納豆やオクラなどのネバネバ系の食べ物も効きます。

 

  私がよく夏バテ対策として食べているのが、実はキムチなんです。

これが夏バテには驚くほど効くんですよ

唐辛子のような辛い物を食べると、自然と食欲が出てくるんですよね。

 

また、豚肉の冷しゃぶサラダなんかも、あっさりとして食べやすくおすすめです。

副菜に野菜も取り入れて、抵抗力のある体にし、夏バテ対策していきましょう。

夏バテ対策に効く飲み物って何?

夏になると身体から大量の汗とともにミネラルが出ていってしまいます。

  実は、このミネラル不足も夏バテの原因のひとつなんですよね。

なぜ夏になると麦茶を飲むのかというと、このミネラルに秘密がありました。

麦茶はミネラル豊富で、夏バテ対策におすすめの飲み物なんですよ。

 

その他に夏バテ対策として、私は毎朝トマトジュースを飲むようにしているんです。

トマトには抗酸化作用と疲労を回復してくれる働きがありますので、朝飲んでいくと、日中身体が疲れにくいです。

  ビタミンCが入ったアセロラドリンクやクエン酸の入ったスポーツドリンクもおすすめです。 

 

 

そういえば、夏、喉が渇いた時、冷蔵庫で冷えた麦茶をがぶ飲みしたりしていませんか?

夏バテ対策

冷たい物をとりすぎると、胃腸の消化機能を低下させてしまい、反対に夏バテの原因になってしまいますので注意しましょう。

なので、私はミネラルウォーターや麦茶を常温のまま飲むようにしているんですよ。

冷たい物を飲みたくても、夏バテ予防のためにここはちょっと我慢してくださいね。

夏バテで気持ち悪い時の対処方法!

最後に、夏バテで気持ち悪くなった時の対処方法についてです。

  夏バテの症状として、全身がだるくなったり、食欲が出なくなるだけではなく、ふらっとめまいがしたり、吐き気がして気持ち悪くなったりしませんか?

  吐き気を感じたり、気持ち悪くなったりするのは、冷たい物を取りすぎて、胃腸が弱っている可能性があります。

 

そして、どうしても夏になるとエアコンの効いた部屋にいることが多いですよね。

  エアコンの効いた部屋で長時間過ごしていると、自律神経のバランスが乱れてしまい、吐き気につながることもあるそうです。

吐き気を感じる時は、病院へ行かれることをおすすめします

気持ちが悪くなると、余計に食欲もなくなり、水分補給も十分にできなkなってしまいます。

そんな時の対処方法としては、一度病院へ行き、点滴を受けるようにした方がいいでしょう。

何が原因で気持ち悪いのか自分ではわからないですし、まずは病院へ診てもらうのが安心ですよね。

まとめ

毎年夏になると、今年の夏はどれぐらい暑くなるんだろうと心配になります。

私はどちらかというと夏が苦手なんですが、暑さなんかに負けてなんていられません。

しっかりと夏バテ対策をし、楽しい夏を過ごしていきたいですよね。

今年の夏も、暑くて食欲がわいてこなくて、水分だけで済ませたくなる日もあるかもしれません。

でも、栄養のあるものをしっかりと摂って水分補給もしながら、夏バテ対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す