手湿疹のかゆみの原因と対処方法!眠れない時はどうする?

先日、友人から手が痒くて仕方ないので、病院へ行ってきたと言っていました。

診断の結果、手湿疹だったそうです。

そんなことがあるんだと思い、すごく気になりました。

なので、彼女からお医者さんから聞いた話で原因や対処法などについて、詳しく教えてもらいました。

そこで今回は、手湿疹のかゆみの原因と対処方法、かゆみで眠れない時はどうしたら良いかなどについて、紹介していきましょう。

Sponsored Link

手湿疹のかゆみの原因とは?

手湿疹 かゆみ 原因

手湿疹とは、手に触れる様々なものの刺激やアレルギーによって、手のひらや指に起こる皮膚炎のことです。

別名、主婦湿疹とも言われているそうですね。

 

手湿疹の原因は、乾燥、アレルギー、季節的なもの、かぶれ、汗などがあげられます。

特に、乾燥肌の方に起こりやすく、炊事や洗濯で水や洗剤を繰り返し使うことで起こりやすいそうです。

皮膚の表面の脂質が少なくなると、乾燥し、さらにバリア機能も低下させてしまうそうなんです。

その結果、皮膚炎や湿疹が出るということです。

 

  炊事や洗濯、手洗い、お風呂など、日常生活において手を濡らさないことなんてないですし、余計に完治しにくいそうです。

痒くてついついかいてしまい、それが水泡となり、皮が剥け、皮膚が薄くなってひび割れしてきます。

そして、治りかけたと思ったら、また痒くなって…と、この繰り返しです。

特に、秋から冬にかけて空気が乾燥するため、さらに注意した方が良いとお医者さんが言ってたそうですよ。

無添加シャンプーの一覧 楽天で見る

 

手湿疹のかゆみの対処方法とは?

手湿疹は、誰に起こってもおかしくないことです。

そんな手湿疹が出た時のかゆみの対処方法については、

  水仕事をする時などは、ゴムやビニールの手袋を着用し、できるだけ皮膚への刺激を減らすようにすることです。

そして、水仕事をした後やお風呂上りなどには、ハンドクリームやワセリンなどで保湿し、油分と水分を補うことが大切だと聞きました。

確かに、肌が乾燥してカサカサしていると、余計に痒くなりますよね。

それでも、かゆみが治まらなければ、病院でステロイド外用薬を処方してもらいましょう。

 

また、自分では良いと思って塗っていたハンドクリームが、実は肌に合っていないなんてこともあるそうなんです。

そうなると、余計に炎症させてしまう可能性があるので、その場合は病院で診察を受けるようにしましょう。

 

自分でできる手湿疹のかゆみ対策としては、食事から改善していくという方法もあります。

皮膚の表面はケラチンというたんぱく質からできています。

なので、肉や魚、タマゴなどのたんぱく質を普段の食事の中で意識して摂り、皮膚表面の再生を助けるようにしていきましょう。

また、シャンプーやボディソープ、入浴剤などを無添加のものに替えるのも、手湿疹には効果的だそうですよ。

手湿疹のかゆみで眠れない時はどうする?

手湿疹で一番つらいのが、かゆくて夜眠れないことですよね。

それに、夜中、無意識に自分の手をかいているなんてこともありますよね。

でも、かけばかくほど、かゆみが増しますし、悪循環の繰り返しです。

 

まずは、寝る前に患部に薬を塗って寝ることを忘れないようにしましょう。

  布団の中に入ると温かくなり、室温や体温が高いと痒くなりやすいです。

なので、かゆみで眠れない時には、室温を少し涼しめに設定すると、少しはマシになるそうですよ。

また、手袋をして寝るという方法もありますが、人によっては余計にかゆくなることもあります。

ハンドクリーム、または、薬を塗った手を乾燥させないように保湿するのにはいいのですが、手袋をして寝るのは、あまりおすすめはできないそうです。

Sponsored Link

 

まとめ

手湿疹の原因は、日常生活の中にありますので、誰に起こってもおかしくありません。

しかし、お医者さんの話によると、手湿疹になってしまう前に予防することはできるそうです。

日頃から、水仕事やお風呂上りなど、お肌のケアをするのと同じで、手も乾燥しないように保湿ケアをすることが大切ですよ。

また、手湿疹かな?って思ったら、市販の薬などで対処するのもありですが、自分の肌に合っていないと、余計に炎症がひどくなる可能性もあります。

その場合は、まずは病院へ行くことをおすすめします。

Sponsored Link

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す