スマホのバッテリーの減りが早いのは?バッテリーの復活や長持ちさせる方法!

周りがスマホやiPhoneを持っているのに、長年ずっとガラケーを愛用している友人がいます。

でも、いよいよスマホに買い替えようかなと思ったようですが、バッテリーが長持ちしないという問題が気になるようなんです。

それに、アンドロイドにしようか、iPhoneにしようかというところでも迷っていました。

そこで今回は、スマホに買い替える場合、バッテリーの減りが早いのはアンドロイドかアイフォンか、バッテリーの復活方法や長持ちさせる方法などについて、紹介していきますね。

スポンサーリンク

スマホのバッテリーの減りが早いのはAndroidかiPhoneか?

私は、アンドロイドのスマホを使っていますが、ガラケーに比べるとバッテリーの減りが早いというのは確かですね。

満タンに充電して行っても、一日持たないこともあります。

 

そんなスマホのバッテリーは、アンドロイドにしてもiPhoneにしても、以前よりはかなり改良されてきてはいるようです。

しかし、どちらのバッテリーの減りの方が早いのかと言われると、アイフォンを使っている友人と較べても、やはりアンドロイドの方ですね。

iPhoneとの差は縮まってきているようですが、アンドロイドのバッテリーの方が減りは早いというのが現状だと思います。

 

  それに、アンドロイドの最新機種よりも、iPhone5s以降のものであれば、バッテリーが長持ちするという話もショップで聞きました。

つまり、バッテリーの減り具合だけを比較すると、iPhoneの方が持ちは良いと私も思います。

 

スマホのバッテリーを復活させる方法

スマホはすごく便利なのですが、このバッテリー問題だけはどうにかならないものかと、思われる方もたくさんいらっしゃるでしょうね。

しかし、スマホのバッテリーの復活方法ってないのでしょうか?

実は、あるんですよ!

このナノカーボンPCという接点改質剤を一度試してみてください。

私も、あまり詳しい理屈は分からないのですが、これを塗ると電気の流れが良くなってバッテリーがかなり復活しました。

中に分かりやすく見やすい説明書が入っているので、女性でも簡単にできますよ

スポンサーリンク

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法

最後に、スマホのバッテリーを長持ちさせる方法についてもご紹介しておきますね。

 

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法はいくつかあります。

  まず一つ目は、充電する時の方法です。

電池残量が0%ぐらいになってから100%まで充電するようにすると、バッテリーが活性化されて、長持ちするようになります。

 

  二つ目は、アプリを無駄に起動させないようにすることです。

スマホを使っていると、無意識のうちに複数のアプリが起動していることがありますよね。

でも、これが電池の消費量を大きくしているので、使っていないアプリはコマ目に終了させましょう。

私もたまにアプリ一覧表示をすると、複数のアプリが同時に実行されている場合があります。

気づかないうちに、こうしてバッテリーが消費されているので注意しましょう。

 

  三つ目は、あまり使わないアプリや不要なアプリは削除しておいた方が、バッテリーの持ちもかなり良くなりますよ。

 

  最後に四つ目は、省電力機能を設定することです。

Wi-Fi(無線LAN)が使える場所の時だけオンにして、それ以外はオフにしましょう。

ロケーションサービス(GPSなどの位置情報サービス)もオフにしておくと節電になりますよ。

また、ディスプレイの明るさも最低限にしておくなど、節電のための環境設定をしておくと、通常よりもバッテリーが長持ちします。

 

 

まとめ

ガラケーに比べると、スマホのアンドロイドもiPhoneもバッテリー持ちは、決していいとは言えません。

それに、iPhoneよりもAndroidの方がバッテリーの減りが早いです。

いろんな機能を利用していますので、バッテリー持ちについては、ある程度は仕方ないのかも知れませんね。

ただし、少しでもスマホのバッテリーを復活させたり、長持ちさせたりする節電方法も色々あるので、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す