ガリガリ君は当たり確率や見分け方がある?交換方法と交換場所は?

ガリガリ君

暑い時期になると、なぜか無性にガリガリ君を食べたくなりませんか?

ガリガリ君は、棒に当たりと表記されていると、お店でもう一本もらえますよね。

子ども時代は、この当たりが出た時は嬉しくてたまらなかったものです。

ふと大人になって思った人もいるかもしれませんが、この当たり棒、当たる確率はどれくらいなのでしょう?

存在しないと思っていた当たりの見分け方も、実は2つあることがわかりました。

たまたま手に取った商品が当たりという方が、嬉しさも大きいのかもしれませんが、見分ける方法ってどんなものか興味がありますよね。

そこで今回は、コンビニなどで購入した際のガリガリ君の当たり棒の交換方法や、交換場所なども一緒にお伝えしていきましょう。

Sponsored Link

ガリガリ君の当たり確率は結構高い!?当たりの見分け方って? 

ガリガリ君の当たり確率や当たりの見分け方

 

ガリガリ君は、意外に当たり確率が高く、見分け方も存在するってご存知でしたか?

調べてみたところ、ガリガリ君を製造している赤城乳業の公式ホームページによれば、「具体的な確率については申し上げられない」とのこと。

しかし、「きちんと法律に基づいた範囲内で還元はしている」との記載がありました。

公式に確立は発表されていないようですが、巷では約3%と言われているようです。

これは、32本入りのガリガリ君を「箱買い」すると、1本当たりが入っているというところから、この説が浮上したようです。

ですが、さすがに30本以上ものガリガリ君を買うのは、ちょっと勇気がいりますよね。

 

ガリガリ君の当たりを引く確率は約3%だそうですが、果たしてお店でできる見分け方ってあるのでしょうか?

 

 一説では「バーコードの5番目の線が太いパッケージの商品を選ぶこと」、「商品パッケージの裏面にある、黒い四角部分が小さめのものを選ぶこと」だそうです。

 

様々な人からの情報もあり、信憑性が高いということで有名な見分け方のようですが、100%確実ではないことを覚えておいてくださいね。

 

ガリガリ君の当たる確率

 

スーパーなどで売られているマルチパックのガリガリ君にも、もう一本もらえる当たりが入っている確率や見分け方はあるのか調べてみました。

Sponsored Link

「入っていた!」という人もいましたが、多くは「マルチパックには当たりがない」という意見がほとんどでした。

総合した結果で見てみると、マルチパックにはもう一本もらえる当たりは入っていない、ということになります。

Sponsored Link

ガリガリ君の当たり棒の交換方法と交換場所を知りたい方はこちら!

ガリガリ君の当たり棒の交換方法と交換場所

 

購入したガリガリ君が当たりだった時の交換方法や交換場所を、ご紹介したいと思います。

子どものころ、駄菓子屋さんでガリガリ君を買った時は、「おばちゃん当たった!」と棒を持っていけば、もう一本もらえたものでした。

ですが大の大人になると、お店に交換に行くのも、なんだか気恥ずかしさがありますよね。

でも、せっかく当たったのですから、ぜひ交換してもらいましょう!

 

まず、購入した際のレシートはいるのかというところですが、特に必要ありません。

当たり棒を持っていき、店員さんに申告すれば、交換してもらえます。

 

ガリガリ君の当たり棒の交換方法は解決しましたが、交換場所は購入したお店でないといけないのでしょうか?

 

レシートがいらないということは、必ずしもそのお店で交換してもらわなければいけないわけではありません。

基本的には、ガリガリ君を置いているお店に行けば、交換は可能です。

「買ってもないお店でもらうのは悪い気がする」と心配になる人もいるでしょう。

しかし、お店側にはそもそもマイナスにならない仕組みができているそうなので、心配しなくても大丈夫なんです。

 

とはいえ、できれば購入したお店でもらう方が、気分的にスッキリしていいのかもしれません。

 

まとめ

大人になっても、当たりって嬉しいですよね。

現在では、もう一本もらえる当たり棒の他に、いろいろな賞品がもらえるキャンペーンの当たり棒もあります。

 この場合はお店に持って行っても交換はできませんので、赤城乳業の公式ホームページを確認の上、応募してください。

また、通常の当たり棒には期限はありませんが、その時行われているキャンペーンによっては、応募期限が存在するようです。

安くて美味しいだけでなく、当たり付きの楽しみまであるガリガリ君だからこそ、長年愛され続けているんですね。

Sponsored Link

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す