イルミナイト万博クリスマスの開催期間はいつ?混雑状況は?

大阪万博記念公園では、今年もイルミナイト万博クリスマスのイルミネーションが開催されます。

あの有名な万博公園のメインシンボルの太陽の塔がライトアップされ、すごいことになるんですよ。

昼間見ている太陽の塔が、まさかこんなことになるなんてと驚かれることでしょう。

そこで今回は、イルミナイト万博Xmasの開催期間はいつなのか見どころや混雑状況、アクセス方法などについて紹介していきましょう。

Sponsored Link

イルミナイト万博クリスマスの開催期間はいつ?

イルミナイト万博Xmasの開催期間は、2016年12月9日~11日、16日~18日、23日~25日(Xmas)、12月30日~2017年1月2日、6日~9日(Winter Special)です。

イルミネーションの点灯時間は、16時~21時です。(最終入園は20時30分までです)

会場となるのは、万博記念公園の太陽の広場、下の広場、東大路となっています。

 

入園するのに入場料が必要ですが、大人250円、小中学生70円ととてもリーズナブルですよ。

 開催期間が毎日ではなく、ほぼ週末だけの開催になりますので、日にちをチェックしておきましょう。

 

イルミナイト万博クリスマスの見どころは?

イルミナイト万博クリスマスの一番の見どころは、太陽の塔の3Dビームペインティングですね。

しかも、ただのライトアップではありませんよ。

 このビームペインティングは、最近よくあるプロジェクションマッピングをさらに進化させてものなんですよ。

今までは凹凸のあるような壁面にはうまく投影することができませんでしたが、高性能な技術により立体的でより鮮明な映像を表現することができるようになったんですよ。

 

なので、太陽の塔が光によって自由自在に形を変えていきます

色鮮やかな光の世界が美しく、すごい迫力で目が離せませんよ。

 3Dプロジェクションビームペインティングは、17時30分頃から10分間隔で上映されますので、滞在中何度でも見ることができます。

遠くからでも見れますし、迫力を感じたいなら間近で楽しんでみてください。

 

イルミナイト万博Xmas 太陽の塔 3Dプロジェクションビームペインティング

 

ちなみに、今年のイルミナイト万博のテーマは、「鍵-KEY」です。

東大路では、全長200mの桜並木にLEDが飾り付けられ、色鮮やかにライトアップされます

こちらも見どころですよ。

Sponsored Link

イルミナイト万博クリスマスの混雑状況は?

イルミナイト万博クリスマスは限られた日程ですから心配なのが混雑状況ですよね。

 一番混雑するのは、やはり今年もクリスマスの24日、25日を含む23日(金)~27日(火)になります。

26日(月)はクリスマスの翌日ですし、平日ですのでまだ少ないかもしれません。

しかし、23日(金)~25日(日)は休日ですから、大混雑が予想されます

 

でも、行くとなるとどうしても休日の方が行きやすいですよね。

昨年も前半はまだそこまで混雑していませんでしたので、前半の期間はまだ、混雑もマシかもしれません

もしも都合がつくようでしたら混雑の少ない平日の方が一番狙い目ですよ。

 

イルミナイト万博クリスマスのアクセスは?

イルミナイト万博クリスマスへの分かりやすいアクセス方法を紹介しましょう。

電車で行く場合

 大阪モノレールの「万博記念公園駅」や「公園東口駅」からだと、徒歩で5分ぐらいで到着します。

 大阪駅から行く場合は、阪急京都線「梅田駅」から「南茨木駅」まで乗って、そこから大阪モノレールに乗り換えてください。

 宝塚線「梅田駅」に乗る場合は「蛍池駅」で大阪モノレールに乗り換えてください。

 地下鉄御堂筋線「梅田駅」からは「千里中央駅」まで行き、大阪モノレールに乗り換えて「万博記念公園駅」まで行きます。

どの路線で行っても、所要時間は大体30分ぐらいで到着しますよ

 

車で行く場合

名神高速「吹田IC」で降りて、万博外周道路を通って5分ぐらいで到着します。

 

 万博記念公園の駐車場は有料ですが、場所はいくつかあります。

ただし、16時30分以降は中央駐車場、日本庭園前駐車場、東駐車場の3箇所のみ停めることができます

駐車料金は、平日800円、土日祝1,200円です。

ちなみに、16時30分以降だと、平日400円、土日祝600円と半額になります。

車で行くと混雑のために駐車場の出し入れにかなり時間がかかりますので、余裕を持って行かれることをおすすめします。

混雑状態によっては、入場規制で入園までに時間がかかることもあります。

 

まとめ

イルミナイト万博のクリスマスイルミネーションはずっと開催されているのではなく、限られた期間での開催ですので、お見逃しのないようにしてくださいね。

特に太陽の塔のビームペインティングは、本当にすごいですよ。

光が映し出されるだけではなく、立体的に光が浮かび上がってくるような感じですごい迫力です。

何度もくり返されるので、ついつい何度も見てしまいますし、見入ってしまいます。

万博記念公園にはNIFREL(ニフレル)という「生きているミュージアム」もオープンしましたし、見どころはたくさんありますよ。

イルミナイト万博Xmasをまだ一度も見たことがない方は、ぜひ今年こそは行ってみてくださいね。

Sponsored Link

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す