卒園式の服装で30代ママのブランドは?パパのおしゃれはどうする?

卒園式

卒園式の主役はもちろん子供ですが、親御さんもそれなりの服装しないことには、みっともないと思われてしまうかもしれません。

かと言って派手過ぎても白い目で見られてしまうかもしれませんので、服装はさじ加減が難しいところだと思います。

そんな卒園式の服装について、ママ30代のお勧めブランドや、パパのおしゃれについてもまとめていきたいと思います。

特に初めての子供の卒園式の服装で、分からないという人のために、まとめていきますので、参考にしてもらえればと思っています。

Sponsored Link

卒園式の服装で30代ママのお勧めブランドは何?

 

卒園式の服装でママ30代にお勧めのブランドをいくつか提案していきます。

 まず、一つ目ですが、値段を安く済まそうとするのであれば、nissenがお勧めです。

アンサンブルのスーツが6000円程度から販売されていますので、非常に安価で購入をすることが出来ます。

しかも、だいたいの商品が上下セットですので、選ぶのも手間でなくありがたいです。

 続いて卒園式の服装でママ30代のお勧めブランドですが、クチュールブローチです。

高すぎもせず、安すぎもせず、まずまず手頃な価格で販売されています。

たとえばジャケットは12000円ぐらいから、スカートは7000円ぐらいから商品がそろっています。

きちんとした感じも出せる上に、シルエットやプリーツの素材感で甘くやわらかい感じにしていますので、子供からしても「かわいいママ」という印象を与えてくれるのでお勧めです。

 卒園式の服装でママ30代にお勧めする最後のブランドはビームスです。

ビームスといえばカジュアルなイメージを持っている方も多いと思いますが、自派ジャケットやスーツなんかも、なかなかいい感じに販売されています。

紹介した3つの中では一番値は張ってしまうかもしれませんが、ペプラムジャケットやライトカラースーツ、スカートなど幅広いラインナップで、自分好みの着こなしができるので、オシャレに差をつけたいと思われる方にはお勧めです。

値段で選ぶか、見た目のかわいらしさで選ぶか、周りと差がつくようなオシャレを選ぶかは人それぞれ好みもわかれると思いますが、是非参考にしてもらえればと思っています。

Sponsored Link

卒園式の服装でパパのおしゃれはどんな感じが良いの?

 

卒園式の服装でパパのおしゃれですが、まずは基本的なところから押さえていきます。

卒園式の服装、パパはもちろんフォーマルスタイル、つまりスーツが基本になります。

 稀にカジュアルでという人もいますが、その場合は必ずジャケットを着用します。

ですが、おしゃれカジュアルはごく少数派ですので、基本はスーツと覚えておいてください。

また、卒園式の服装であってもなくても共通する話ですが、清潔感が非常に大切です。

パパのおしゃれの基本とも言えるのが清潔感だと私は思います。

シャツは必ずアイロン、靴も革靴にしろローフォーにしろ、しっかりと磨き、清潔感を意識していください。

話がそれてしまうのでここでは省略しますが、髪型にしても同様ですので、覚えておいてくださいね。

では、実際にスーツでどう違いを出すかと言うと、まず色はネイビーのスーツなんかがお勧めです。

シンプルなものでよく、どちらかといえば生地の濃いもののほうがいいでしょう。

そして、シャツはチェックを選ぶと、少し洒落た感じを演出できますし、ネクタイでインパクトをつければ完璧です。

ネクタイのカラーも迷ってしまうところだと思いますが、シルバーなんかがいいのではないでしょうか。

また、無難にまとめたいという人であれば、やはりブラックのスーツがいいでしょう。

スタイルも良く見せることが出来ますし、その下に着るシャツにしろ、ネクタイにしろ、黒色のスーツは合わせやすいです。

どこに行くのでも使えますので、1着持っていれば助かるときが多いと思います。

良かったら参考にしてみてもらいたいですが、清潔感だけは必ず意識してくださいね。

 

まとめ

卒園式の服装、ママ30代であれば、ブランドはnissenやクチュールブローチ、ビームスなんかがお勧めです。

安さを重視するか、かわいらしさを重視するか、オシャレを追求するかによって、選ぶブランドも異なってきますので、参考にしてもらえればと思います。

また、パパさんのおしゃれについては、基本的にスーツということを押さえておく必要があります。

いろいろ工夫も大事ですし、シャツやネクタイで違いを見せるのもいいですが、一番は清潔感を大事にすることだと思いますので、覚えておいてくださいね。

Sponsored Link

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す