偏平足だと疲れやすいって本当?治し方は大人と子供で違うの?

足の裏の凹凸がなく、平らな状態の偏平足の人ってまれにいますよね。

偏平足だと歩く時に土踏まずが痛くなったり、すぐに疲れてしまうようですね。

そこで今回は、偏平足だと疲れやすいって本当なのか偏平足の治し方は大人と子供で違うのか、などについて紹介していきます。

Sponsored Link

偏平足だと疲れやすいって本当?

 偏平足になると、足が疲れやすいというのは本当です

なぜ疲れやすくなるのか?

その原因は足の裏にあります

 

足の裏にはアーチ状になって、地面から浮いている部分がありますよね。

この部分を土踏まずと言います。

 土踏まずが正常に形成されていなくて、足の裏全体が平らで地面にくっついている状態の足が偏平足です。

 

土踏まずがあることで、歩く時の衝撃が吸収され、足にかかる負担を減らすことができます。

しかし、土踏まずが正常に形成されていないと衝撃が吸収されないため、足が痛くなったり、疲れやすかったりするのです

 

それに、偏平足だと歩く時の地面を蹴り上げるという足の一連の動作が、足に負担を与えるんですよね。

また、偏平足は歩きにくいため、変な歩き癖がついてしまいます

そんな理由からもすぐに疲れやすくなってしまうのです。

Sponsored Link

 

偏平足の治し方は大人と子供で違うの?

 偏平足の足の治し方は、大人と子供でも大きな違いはありません

共通して言えるのは、足の裏を刺激することが大切だということです。

そして、足の裏の筋肉をつけることも重要です

 

では、大人と子供の偏平足の治し方をそれぞれ紹介していきましょう。

大人の偏平足の治し方

日常生活の中で意識してつま先立ちするように心がけましょう。

また、靴の中にアーチサポートのついている中敷を敷くと、歩くのが楽になりますよ。

偏平足は痛みを伴う場合もありますが、足の指をしっかり使って歩くようにしましょう。

 

子供の偏平足の治し方

子供の偏平足の治し方も日常生活の中にあります。

靴下を履かず裸足のままで砂場を歩かせるといいですよ。

そうすることで、足の裏が刺激されます。

裸足で遊んだり、走ったりすることが子供の偏平足には効果的です。

 

 偏平足を治すには、大人も子供も普段履いている靴が重要です

そのためには、土踏まずの部分が盛り上がっている靴を履くようにしましょう。

しかし、偏平足を矯正する靴はありません

 そんな場合は、土踏まずの部分が盛り上がっている偏平足用のインソール(靴の中敷き)を使用するのが安くて手っ取り早いです。

偏平足用のインソール 楽天で見る

 

また、大人も子供も共通して言えることですが、部屋の中では裸足でいる方が偏平足には良いと言われています。

できるだけ裸足で生活することで、知らないうちに足の裏の筋肉が鍛えられ、偏平足も次第に矯正されていきますよ。

Sponsored Link

最新の知っ得情報!

カテゴリー

コメントを残す