赤ちゃんの歯並びが悪い原因は遺伝?隙間がない場合やガタガタなのは?

赤ちゃんの歯並び

赤ちゃんの歯、生えてきたらとってもかわいいものだと思います。

赤ちゃんが1歳半にもなると、かなり歯も生えそろってくる頃ではないかと思います。

しかし、だんだん歯が生えてくるにつれ、歯並びが悪いと気になるママさんも多いのではないでしょうか。

原因は遺伝なのでしょうか、気になるところだと思います。

また、隙間がない場合やガタガタの歯はどうしたらいいのでしょうか。

赤ちゃんの歯並びに悩むママさん達へまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


赤ちゃんの歯並びが悪い原因は遺伝のせいなのか?

 

可愛い赤ちゃん、見ていて癒される時も、うまくいかずイライラするときも、本当に一喜一憂するのが子育ての醍醐味だと思います。

しんどくなってしまう時も多いかもしれませんが、どうか力まず、リラックスして我が子と向き合って頂ければと思います。

さて、赤ちゃんの歯並びが悪い原因について、悩んでいることはないでしょうか。

赤ちゃんの歯並びは遺伝するのか、興味はないでしょうか。

赤ちゃんの歯並びが悪い原因や赤ちゃんの歯並びは遺伝するのかについてまとめていきます。

まず、赤ちゃんの歯並びが悪い原因についてですが、これには2つの原因が考えられると言われています。

まずは、生まれついてのもの、つまりは遺伝です。

しかし、分かりにくい説明になるかもしれませんが、赤ちゃんの歯並びは遺伝しません

 遺伝するのは、あくまでも骨格の話になります。

骨格により、どうしても出っ歯になりやすかったり、受け口になりやすかったり、歯並びにも影響をしてきてしまうのです。

ですから、ママかパパと同じような顎の骨格を我が子もしているのであれば、原因は遺伝だと思い、受け入れるしか仕方ないでしょう。

 また、骨格の問題でないとすれば、歯並びに影響してくるのは、食事やおしゃぶりなどが考えられます。

ものを食べる時の口周辺の筋肉の働かせかたによって、影響する場合もありますし、おしゃぶりや指しゃぶりをすることで、出っ歯になりやすい場合もあると言われています。

顎の骨格がパパやママに似てしまっている場合はどうしようもありませんが、そうでない場合は歯医者さんで対処する方法もあります。

スポンサーリンク


赤ちゃんの歯並びで隙間がない場合やガタガタは大丈夫なの?

 

赤ちゃんの歯並び、赤ちゃんタレントの子のように、綺麗な歯並びをしていたら最高ですよね。

ですが、実際にそんなことの方が少なく、多くのママさん達は隙間がないことや、赤ちゃんの歯並びがガタガタなことを心配していたり、悩んだりしているのではないでしょうか。

赤ちゃんの歯並びについて、隙間がない場合や赤ちゃんの歯並びがガタガタな場合について、まとめていきたいと思います。

まず、結論から言ってしまうと、諦めるしかない場合と、ある程度気を付けることができる場合に分かれると思います。

 諦めるしかない場合については、一言で言えば遺伝によるものです。

パパやママの顎の骨格が遺伝して、同じように歯並びが悪くなってしまっているのであれば、赤ちゃんの歯並びに隙間がない場合でも仕方がありません。

 

 同じように、赤ちゃんの歯並びがガタガタの場合でも同様です。

これは辛いかもしれませんが、受け入れるしかありませんが、いずれ抜ける乳歯ですし、今は矯正なんかも進歩してきていますので、あまり悲観的に捉える必要はないと思います。

 

 逆に遺伝でない場合は、ある程度なら対処は可能です。

 気を付けるポイントしては、おしゃぶりを止める、ほおづえをつかせない、虫歯を作らせない、食べるときは口全体を使ってバランスよく食べさせる、そしてよく噛ませる等があげられます。

どちらにしても、定期的に歯科検診を受けさせるのがいいと思います。

それによって相談も出来れば、いいアドバイスももらえることが出来るでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんの歯並びが悪い原因については、もう大丈夫ですね。

遺伝の場合とそうでない場合があります。前者の場合は諦めるしかないですが、だからといってあまり悲観的になる必要はありません。

隙間がない場合でも、ガタガタの場合でも、いずれ生え変わる乳歯ですし、最近は矯正なども進歩しています。

また、後者の場合は予防策として、おしゃぶりの卒業や、虫歯を作らせないなどいくつか気を付けるポイントがあるので、押さえておきましょう。

また、いずれにせよ定期的に歯科検診を受けることで、相談も出来ますし、いいアドバイスももらえることが出来ます。

スポンサーリンク

 

コメントを残す