断乳が原因で夜泣きがひどくなる?寝かしつけの方法とは?

断乳

断乳が原因で、夜泣きが酷くなる事があるのでしょうか。

もしも断乳が原因で、夜泣きをした時の寝かしつけの方法はどうすると良いのか分からいないと思います。

その場合にどのような方法を行えば良いのか説明をしていくため、断乳を行う前に覚えておくと対処がしやすくなります。

いざという時のために、これから紹介をする方法を覚えておくようにしましょう。

スポンサーリンク


断乳で夜泣きがひどくなる?夜泣きはいつまで続くの?

 

断乳が原因で夜泣きがひどくなる事はあり、断乳で夜泣きはいつまで続くのかは、口が寂しくて寝れなかったりお腹が空いて寝れなかったりしています。

他には昼間の運動量が少なかったり、昼寝を沢山したり夕方以降に刺激の強い事を行った等でも原因になります。

断乳をする時期になると、夜の寝つきが悪い事や夜泣きで頻繁に起きるのは昼間の生活に何か問題がある事も多くなります。

 断乳で夜泣きがひどくなる事で、断乳で夜泣きになった時にいつまで続くのかは、個人差があり、すぐに泣き止む場合と何時間も泣いている場合とあります。

夜泣きが続く原因は、不安や寂しさからくる事が多くなります

 おっぱいがなくなり、お母さんの愛情が足りないと感じて不安になり目が覚めて泣きます。

 また生活リズムが整っていない事も原因になり、昼夜関係なく泣くようになってそれが夜泣きに繋がる事があります。

睡眠のサイクルも乱れてしまい、時間に関係なく泣いてしまいます。

この場合は、生活リズムが整ってくるだけで夜泣きをする回数が減っていきます。

そして、夜泣きをする時間も短くなっていきます

 断乳で夜泣きがいつまで続くのかは、夜泣きをする原因を改善していくと早く改善出来るようになってきます。

夜泣きをしてから対処をするのではなく、原因を見つけて解決をしないと中々治らずにいつまでも夜泣きが続いてしまいます。

スポンサーリンク


断乳が原因で夜泣きをした時の寝かしつけの方法

 

断乳が原因で夜泣きをした時の寝かしつけの方法は、生活リズムを整える事です

昼間の活動量を増やして、遊ぶ時間を長くします。

お昼寝も時間を短くして、夕方等の遅い時間は昼寝をしないようにします。

こうすると、夜になるとぐっすりと寝られるようになり夜泣きをしなくなります

 

断乳が原因で夜泣きをした時の寝かしつけの方法

 お腹が空いている事で泣いている事もあるため、その時にはおっぱいをあげないで、水やお茶を飲ませます。

お腹が満たされると、寝てくれるようになります。

 また口が寂しく泣く事もあり、水分補給をして唇に何かが触れているだけで安心感が得られある程度飲むと寝てくれます。

 絵本を読んであげる方法もあり、寝やすい環境を作る事も大切です。

寝やすい環境を作るのでは、子供が自分で証明を消したりすると寝る事が意識出来て自分から寝てくれるようにもなります。

 寝る時には寝室は照明は消して、カーテンは閉めて暗くしておきます。

 おもちゃは寝室には置いておかないようにして、睡眠の妨げになるものは寝室には入れないようにします。

断乳が原因で夜泣きをした時の寝かしつけの方法は、子供が安心出来て自分から寝られる環境を作る事です

 

まとめ

子供が断乳が原因で夜泣きがひどくなった場合、直ぐに寝てもらえるように寝室にお茶か水を用意しておきます。

必ずお母さんはおっぱいを与えないように、我慢をする事が大事です。

与えてしまっては断乳が出来なくなり、折角断乳を始めた意味がなくなります。

お母さんも我慢をする努力を行って、子供が夜泣きをしなくなる寝室の環境や生活リズムを整える事で断乳が成功するようになります。

スポンサーリンク

コメントを残す