サンタクロースはいつまで信じてた?いつまでくるか子供への伝え方!

サンタクロース

クリスマス、子供が大好きなイベントの一つだと思います。

サンタクロースに手紙を書いたことがある子供、きっと多いのではないでしょうか。

しかし、いつまで信じてたかと私たちの過去を振り返ってみると、そろそろいい年齢ではないかと考えているママさん達もいることでしょう。

いつまでくることにするか、子供に正直に話をするときの伝え方はどうしたらいいか、まとめていきたいと思います。

出来る限り子供の夢を大切にしてあげたいですね。

スポンサーリンク


サンタクロースはいつまで信じてた?いつまでくるの?

サンタクロース いつまで信じてた

 

子供たちの楽しみなイベントと言えば、誕生日かお正月、そしてクリスマスではないでしょうか。

冬も近づくと「今年はサンタクロースに〇〇頼む。」というような会話が飛び交います。

しかし、子供も少しずつ成長してくるにつれて、いつまで信じてた、サンタクロースはいつまでくるか、ママさんたちは悩むところだと思います。

サンタクロースは子供たちのあこがれですので、いつまで信じてたほうがいいのか、サンタクロースはいつまでくると伝えたらいいのか、まとめていきたいと思います。

 もちろん、それぞれの家庭で温度差はありますが、私の場合、自分が子供のころ、いつまでサンタクロースを信じてたか、振り返ってみると小学校2年生ぐらいまでだったと記憶しています。

小学校3年生の頃に打ち明けられて、当時はショックだった思い出を記憶しています

私の周りの友人なんかと話していても、だいたい似たようなもので、上に兄や姉などがいる場合は、小学生の頃には打ち明けられたという友人もいます。

ですが、一人っ子の友人などは小学校4年生ぐらいまでは、知らなかったという友人もいました。

ですから、環境にもよるので、一概にサンタクロースはいつまでくると伝えるといいかというのは非常に難しい問題です

 小学校に上がり、子供が自ら聞いてきたら、正直に伝えてもいいと思いますし、そうでない場合は小学校3、4年生ぐらいまでは、そのままにしておいてもいいのではないでしょうか。

子供の夢をあえて壊すことはありませんし、切り出すタイミングは非常に難しいですね。

スポンサーリンク


サンタクロースの子供への伝え方はどうすればいいの?

サンタクロース 子供 伝え方

 

サンタクロースの子供への伝え方、非常に難しくデリケートな問題だと思います

私自身を振り返ってみますと、当時知らせれた時は非常にショックで残念な気持ちになりました。

そうならないように、子供へのダメージを最小限に抑えてあげるのが、親の役目、親の配慮ではないかと思っています。

では、サンタクロースの子供への伝え方、どうすれば一番いいのでしょうか、まとめていきます。

 まず、結論から言ってしまうと、これがいいというのはありません。

なぜなら、いろんなシチュエーションが考えられ、ケースバイケースで対応していかなければならないからです。

ですが、いくつからのシチュエーションを想定して考えていきたいと思います。

 最初は、子供から「サンタクロースっているの?」って聞かれた時ですが、これはいるかいないかは分からないが、プレゼントを渡していたのは親だったことを優しく伝えてあげたらいいでしょう。

 次に、子供がまったく気づいているのか、気づいていないのか判断がつかない時は、さりげなく会話の中で、どう思っているのかを聞き取りましょう。

そして、まったく気づいていなさそうであれば、もう1年ひっぱるか、その場で伝えてあげるかは、もうママやパパの判断になるでしょう。

伝える場合も、やはりサンタクロースはいないと言うのではなく、プレゼントを渡していたのはあくまでママやパパであることを話してあげたらいいでしょう。

打ち明けるタイミング、打ち明ける言葉は大変難しいものだと思います。

 サンタクロースはいるかいないかの判断はあくまで子供に委ね、プレゼントをあげていたのはママやパパであることを話してあげるのが、上手な伝え方ではないでしょうか。

 

まとめ

サンタクロースはいつまで信じてた方がいいか、いつまでくると言ったらいいかは非常にデリケートで難しい問題だと思います。

子供の成長を見ながら、タイミングを十分見計らうようにしてあげてください。

伝え方についても同様で、言葉を選ぶのは慎重にする必要があると思います。

大事なことは、サンタクロースがいるかいないかはあくまで子供に判断を委ね、プレゼントを渡していたのはパパやママであることを上手に伝えてあげることではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す