関西の潮干狩りスポットランキング!ベストシーズンはいつから?

4月になれば潮干狩りのシーズンですよね。

その時期は気温も上がってますし、足まで海水に浸かっても寒くないため、子供と一緒に潮干狩りしようと計画している方も多いのではないでしょうか。

でも、関西で子供と一緒に潮干狩りできる場所って、どこが良いのか迷いますよね。

そこで今回は、関西の潮干狩りスポットのランキングとともに、潮干狩りのベストシーズンはいつからなのか、などについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク


関西の潮干狩りスポットおすすめランキング!

関西で潮干狩りができる場所は色々あります。

そこで、子供と一緒に潮干狩りできるおすすめのスポットをランキングにしてみました。

 

 新舞子潮干狩場【兵庫県】 

 二色の浜潮干狩り場(海水浴場)【大阪府】

 箱作潮干狩り場(ぴちぴちビーチ)【大阪府】

 的形潮干狩場【兵庫県】

 赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場【兵庫県】

これらの潮干狩りスポットを詳しくご紹介しましょう。

 

第1位:新舞子潮干狩り場

ゴールデンウィークに新舞子潮干狩り場に行ってきました

新舞子潮干狩り場は兵庫県たつの市の瀬戸内海国立公園内にあり、夏のシーズンには新舞子海水浴場として賑わう場所です

 ここは自然な遠浅の海岸になっていて、潮干狩りができる干潮時には約500mもの広い干潟になり、アサリやハマグリ、マテ貝、トリ貝などが採れます。

 

潮干狩り期間:2016年4月16日(土曜日)~ 6月19日(日曜日)まで

営業時間:午前10時~午後4時30分頃まで

料金:大人1,500円、小学生1,000円、幼児500円

なお、料金には潮干狩りと休憩所(海の家)の利用料金が含まれています。

レンタル料:熊手100円

トイレあり

お問い合わせ:TEL 079-322-0424 御津町新舞子観光協同組合

 

新舞子潮干狩り場の周辺地図

 

新舞子潮干狩り場へのアクセス方法

電車で行く場合

・山陽電鉄「網干駅」から神姫バス「大浦」行きに乗り換え、「釜屋南」で下車してすぐです。

・山陽電鉄車「網干駅」からタクシーで約8分

 

車で行く場合

姫路バイパス「中地IC」で降りて南へ下り、国道250号線を西へ約10km行った先の新舞子浜「新舞子入口」まで約25分です。

駐車場あり:1,000台、1日500円

ただし、ゴールデンウィーク(GW)や日祝は混雑しますので、駐車場に入るのにすごく時間がかかります。

以前、ゴールデンウィーク期間中に新舞子潮干狩り場の駐車場に入るのに、1時間以上も渋滞の列に並びました。

スポンサーリンク


第2位:二色の浜潮干狩り場(海水浴場)

ゴールデンウィークに貝塚二色の浜潮干狩り場に行ってきました

二色の浜潮干狩り場は大阪府貝塚市の二色の浜海水浴場にあり、その海岸は幅約1km、奥行きが約200mもあって、「日本の白砂青松100選」にも選ばれています

 この二色の浜潮干狩り場で採れるのはアサリだけですが、思うように採れなくてもアサリのお土産が付いてくるところも人気の秘密ですね。

 

潮干狩り期間:2016年4月16日(土曜日)~ 6月5日(日曜日)まで

定休日なし

営業時間:午前9時~午後5時(最終入場は4時30分まで)

料金:大人1,500円、小人750円

なお、料金にはお土産として、大人800g、小人400gのアサリが付いてきます。

レンタル料:熊手200円、返却すると100円を返金してくれます。

道具販売:バケツ300円

トイレあり

お問い合わせ:TEL 072-432-3022 二色の浜観光協会

 

二色の浜潮干狩り場の周辺地図

 

二色の浜潮干狩り場へのアクセス方法

電車で行く場合

南海本線「二色浜駅」で下車し、そこから西へ徒歩で約1km、約10分で到着できます。

 

車で行く場合

阪神高速「貝塚ランプ」出口から国道29号線を経由して約1km、「臨海二色の浜交差点」を右折して約100m行った先の二色の浜公園入り口まで約2分です。

駐車場あり:1,800台、1日620円

 

第3位:箱作潮干狩り場(ぴちぴちビーチ)

ゴールデンウィークに箱作ぴちぴちビーチ潮干狩り場に行ってきました

箱作潮干狩り場は大阪府阪南市箱作の箱作海水浴場(通称:ぴちぴちビーチ)にあり、潮汐の影響がほとんどないので、お天気良くて期間内ならいつでも潮干狩りができるスポットとして人気があります

 この箱作潮干狩り場ではアサリだけが採れますが、どんなにたくさん採っても返却しなければなりません。

その代わり、大人と子供それぞれの人数分のアサリをお土産にくれますよ。

 

潮干狩り期間:2016年4月16日(土曜日)~ 6月5日(日曜日)まで

定休日なし

営業時間:午前8時~午後5時

料金:大人1,300円、小人700円

なお、料金にはお土産として、大人700g、小人400gのアサリが付いてきます。

レンタル料:熊手とバケツのセット100円、パラソル1,000円

トイレあり

お問い合わせ:TEL 072-476-3319(代表)

 

箱作潮干狩り場の周辺地図

 

箱作潮干狩り場へのアクセス方法

電車で行く場合

南海本線「箱作駅」から徒歩で約15分

なお、箱作駅は各駅停車駅になってますから区間急行は止まりませんので、泉佐野駅で各駅停車に乗り換える必要があります。

 

車で行く場合

阪和自動車道「泉南IC」から旧26号線を経由して、「箱作小学校交差点」を海側へ曲がった先にある南海本線の線路を越えたところで、約30分で到着できます。

駐車場あり:1,500台、1日620円

 

第4位:的形潮干狩場

ゴールデンウィークに的形潮干狩り場に行ってきました

的形潮干狩場は兵庫県姫路市の的形海水浴場にあり、白砂の長い遠浅の海岸は幅が500mも続いていて、小さな子供さんも楽しめるファミリー向けのスポットです

 なお、潮干狩りの期間中は宝探しやくじ引き大抽選会などのイベントも開催されますよ。

この的形潮干狩場ではアサリやハマグリ、マテ貝、すべた貝などが採れますが、どんなにたくさん採っても持ち帰れるのは1キロまでとなっています。

 

潮干狩り期間:2016年4月1日(金曜日)~ 6月30日(木曜日)まで

定休日なし

● 営業時間:午前9時~午後5時

料金:大人1,300円、小人800円

なお、料金には休憩所とシャワーの使用料が含まれています。

レンタル料:熊手100円、スコップ100円

トイレあり

お問い合わせ:TEL 079-254-1964 的形海水浴・潮干狩観光協業組合

 

的形潮干狩場の周辺地図

 

的形潮干狩場へのアクセス方法

電車で行く場合

・山陽電鉄線「的形駅」から徒歩で約15分

・山陽電鉄線「大塩駅」から出ている無料送迎バスに乗って約5分

ただし、無料送迎バスは予約が必要です。

 

車で行く場合

山陽自動車道「姫路東IC」で降りて約15分

駐車場あり:1,000台、普通車1日500円、大型車1日1,000円、二輪車1日無料

 

第5位:赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場

ゴールデンウィークに赤穂唐船サンビーチの潮干狩り場に行ってきました

兵庫県赤穂市にある赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場は瀬戸内海に面した遠浅の干潟で、小さな子供さんでも安心して潮干狩りが楽しめるスポットとして人気があります

 この赤穂唐船サンビーチ潮干狩り場で採れるのはアサリのみですが、どんなにたくさん採っても持ち帰れるアサリの量は、指定されている袋に一杯までになります。

 

潮干狩り期間:2016年4月29日(金曜日)~ 7月3日(日曜日)まで

定休日なし

営業時間:午前9時~午後5時

料金:大人1,700円、小人700円

レンタル料:熊手200円、ザル200円

トイレあり

更衣室なし

お問い合わせ:TEL 0791-42-2458(午前10:00-午後5:00)期間中のみ

 

赤穂唐船サンビーチの周辺地図

 

赤穂唐船サンビーチへのアクセス方法

電車で行く場合

JR播州線「赤穂駅」からウエスト神姫バスで「かんぽの宿赤穂行き」に乗り換え、「赤穂高校西」で下車し、そこから徒歩で約10分

 

車で行く場合

山陽自動車道「赤穂IC」で降りて国道250号線を経由して約10分

駐車場あり:400台、1日510円(赤穂海浜公園西駐車場)

 

関西の潮干狩りのベストシーズンはいつから?

関西で潮干狩りできるベストシーズンはいつからいつまでなのか分かりにくいですよね。

そこでちょっと調べてみました。

大阪や兵庫県などの関西の潮干狩りスポットでは、早いところで4月1日から始まり、遅いところで7月3日まで営業しています。

しかし、関西で潮干狩りするなら4月下旬~5月下旬頃までがベストシーズンです。

 その理由は、新月や満月の日の前後になると潮の干満の差が大きい大潮にあたり、潮干狩りができるベストな日中の時間帯と重なるからなんです。

特にゴールデンウィーク前後の4月~5月にかけては日中に引き潮が大きくなるので、潮干狩りには一番適している時期ですね

 

まとめ

今回は、関西で子供と一緒に潮干狩りできるおすすめのスポットをランキングで紹介するとともに、潮干狩りのベストシーズンはいつからなのか、などについても紹介しました。

関西の潮干狩りスポットのランキングでは、それぞれの場所で採れる貝の種類や道具のレンタルなどの情報も載せています。

これから子供と一緒に潮干狩りに行かれる方は、ぜひ参考にされてくださいね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す