青森冬まつりの開催期間と会場はどこ?アクセス方法と駐車場は?

青森冬まつりは、親子で楽しむ冬の市民まつりで、毎年人気なんですよ。

子供から大人まで楽しむことができるというのがいいですよね。

そこで今回は、青森冬まつりの開催期間と会場見どころと混雑状況、アクセス方法と駐車場情報周辺のおすすめレストランなどについて紹介していきましょう。

スポンサーリンク


青森冬まつりの開催期間と会場は?

青森冬まつりはいつ、どれくらいの期間開催されると思いますか?

実は、青森冬まつりの開催期間は、何とたったの2日間だけなんですよ。

2017年2月4日(土)と5日(日)で、時間は9時~15時までです。

 

青森冬まつりの会場は、青い海公園 (アスパム裏)です。

入場無料のイベントですので、どなたでも参加することができますよ

 

青森冬まつりの様子

 

青森冬まつりの見どころと混雑状況は?

青森冬まつりの見どころは、雪の超大型すべり台 です。

 高さ6m以上もある本格的なすべり台で、毎年大人気なんですよ。

タイヤに乗って滑るのですが、これが結構なスピードが出ます。

大人でも十分楽しめますし、ここはぜひ並んででも楽しんでいただきたいおすすめポイントです

ただし、真冬ですのでスピードが出ると鼻が痛くなったり、寒いですので注意してくださいね。

 

 そして、棒に差したパンを焼く、棒パンコーナー もあります。

青森の食を味わえる出店もありますし、温かい物も食べられますよ。

 また、凧揚げや乗馬体験ができたり、ステージイベントや キャラクターの雪像 なども見どころです。

青森冬まつりは、まさに参加型、体験型のおまつりですね

 

そんな青森冬まつりの混雑状況は、開催が2日間だけですので両日とも混雑します

そして、お昼近くになると大混雑しますので、もし行かれるなら朝から行かれることをおすすめします

朝の9時には会場へ行っておき、お昼前までに満喫して帰るとそれほど混雑に巻き込まれることはないと思いますよ。

スポンサーリンク


青森冬まつりへのアクセス方法と駐車場は?

青森冬まつりへはどうやって行ったらいいのか分からない方もいらっしゃるかも知れません。

そこで、青森冬まつりへの分かりやすいアクセス方法を紹介しましょう。

 

電車で行く場合

最寄り駅はJR「青森駅」です。

青森駅から会場の青い海公園までは歩いて10分くらいです。

 

車で行く場合

青森自動車道「青森中央IC」から約15分ぐらいです。

 

 青森冬まつり会場の青い海公園には 駐車場があります

駐車料金は500円です。

 

 また、裏のアスパム(青森県観光物産館)にも駐車場がありますよ

こちらは24時間営業で、収容台数は150台です。

駐車料金は、最初の1時間は220円、それ以降30分毎に110円です。

なお、アスパムで2,000円以上の買い物をしたら、駐車料金が1時間まで無料になるサービスがありますよ

アスパムへのアクセス地図

 

青森冬まつり周辺のおすすめレストランは?

青森冬まつりをお昼まで楽しんだ後はお腹も空いてくるころですよね。

そこで、私もお気に入りのおすすめレストランなどを紹介していきますね。

 

 キッチン なないろふぁーむ

青森駅から徒歩10分ぐらいのアットホームなお店です。

 地元の新鮮な食材と旬の魚介類を使ったおつくりや鶏手羽元ホワイトクリーム煮と日替わりホタテご飯がおすすめです。

メイン1品とサラダとドリンクがバイキングのなないろランチもぜひ試してみてください

TEL:080-5228-2835

キッチン なないろふぁーむへのアクセス地図

 

 青森魚菜センター のっけ丼

青森駅から徒歩5分ぐらいにあって青森の海の幸をたっぷりと堪能できるお店です。

 自分の好きな海鮮ネタを選び、自分だけの丼を作ることができるんですよ。

しかも、お値段は1杯500円ぐらいから食べられるというのが嬉しいところなんです

TEL:017-763-0085

青森魚菜センター のっけ丼へのアクセス地図

 

 味の札幌 浅利

味噌カレー牛乳ラーメンという新青森の名物ラーメンが食べられるお店です。

 すごい組み合わせですが、味噌ととカレーと牛乳がマッチしていて、スープも濃厚。

一度食べてみる価値はありますよ

TEL:017-777-9088

味の札幌 浅利へのアクセス地図

 

まとめ

青森雪まつりは、見るというよりも、どちらかというと体験するイベントですね。

大人から子供もまで幅広い世代で楽しむことができます。

でも、極寒の冬の青森ですので、防寒対策をしていっておいた方がいいですよ。

そして、雪の滑り台を体験するなら、服装も考えていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す