まんのう公園のイルミネーションの期間とアクセス、駐車場はあるの?

今年も国営讃岐まんのう公園イルミネーション、まんのう公園ウィンターファンタジーが始まりましたね。

私も去年行って来ましたが、約2万5000平方メートルの広い大地に55万球の電飾がきらめく、四国最大級のイルミネーションイベントです。

この美しい光の大地に感動しますよ。

そこで今回は、まんのう公園のイルミネーションの開催期間と点灯時間見どころと混雑状況アクセス方法と駐車場情報周辺のおすすめ宿泊ホテルなどについて紹介しましょう。

スポンサーリンク


まんのう公園のイルミネーションの開催期間と点灯時間は?

まんのう公園のイルミネーションの開催期間は、2016年11月19日(土)~2017年1月3日(火)までです。

点灯時間は、17時30分~20時までです。

ただし、11月19日(土)~12月9日(金)、1月1日(日)、3日(火)が20時まで、12月10日(土)~12月28日(水)までは21時までの点灯時間となっていますよ。

 

ちなみに、まんのう公園は入園料が必要です。

大人(15歳以上)410円、小人(小・中学生)80円で、小学生未満は無料です。

なお、65歳以上の方は、年齢がわかるような証明書(免許証など)を提示すると、210円になります。

火曜日は定休日ですから注意してくださいね

 

まんのう公園 イルミネーションの様子

 

まんのう公園のイルミネーションの見どころは?

まんのう公園のイルミネーションは、スケールが大きくて見どころもたっぷりです。

2万5000平方メートルのあの広さを彩るグランドイルミネーションは、まさに圧巻ですね。

特に、高さ10mのシンボルツリーや地上高さ5mのシャンパングラスタワーは見どころです

また、全長100mの光のトンネルもはずせませんよ

これだけ長い光のトンネルは、なかなか他ではありませんからね。

 

あと、落差9mもある人工滝の昇竜の滝もライトアップされますが、その迫力に圧倒されること間違いなしです。

もともと、まんのう公園は讃岐山脈を一望できるぐらいの景色がいいスポットです。

なので、公園全体がイルミネーションされるとなると、それがどれくらいすごいのか、ぜひご自分の目で確かめてみてくださいね。

 

まんのう公園のイルミネーションの混雑状況は?

まんのう公園のイルミネーションの混雑状況ですが、期間も短いということもあって、クリスマスシーズンは結構混雑します

でも、それ以外の日については、それほど混雑しないので心配ないです。

 

ただし、土日祝などは公園内が多少混雑しますが、人が多くて動けないというような状況にはなりません

 また、クリスマスシーズンであっても、駐車場が満車で車が停められないなんてことは、今までもありませんでしたのでそこはご心配なく。

イルミネーションの点灯時間頃から人が多くなりますので、少し早めに行っておくとスムーズに入れますよ。

スポンサーリンク


まんのう公園のイルミネーションへのアクセス方法は?

まんのう公園のイルミネーションへの分かりやすいアクセス方法を紹介しましょう。

電車で行く場合

JR土讃線「琴平駅」から琴参バス美合線「美合行き」か「美霞洞温泉行き」、「落合行き」、「川奥行き」のいずれかに乗り、「まんのう公園口」で下車します。

バスに乗っている時間は16分ぐらいですが、そこから歩いて30分ぐらいかかります。

結構歩かないといけませんし、電車で行くには少し不便ですね。

バスの本数もあまりありませんので、琴平駅からはタクシーで行く方が分かりやすくて便利だと思います

タクシーなら、まんのう公園まで約15分ぐらいで到着しますよ。

 

車で行く場合

高松自動車道「善通寺IC」で出て、約25分ぐらいです。

 

まんのう公園のイルミネーションには駐車場はあるの?

まんのう公園には、大型駐車場があります

それに、約1,200台とかなりの台数とめることができますのでご安心ください。

駐車料金は、普通車310円、二輪車100円です。

 

ただし、イルミネーションの期間中は、時間帯によって駐車場も混雑しますので、余裕を持って行くことをおすすめします。

特にクリスマスシーズンは、周辺の道路の渋滞には覚悟が必要ですよ。

 イルミネーションが始まる前に早く行けば、入口付近にとめることも可能ですので、車の場合は早めに行くようにしましょう。

公共交通機関でとおすすめしたいところですが、まんのう公園のイルミネーションに限っては車で行けるのであれば、その方が便利ですよ

 

まんのう公園のイルミネーション周辺のおすすめ宿泊施設は?

まんのう公園のイルミネーションへ行くなら、周辺にはこんぴら温泉や観音寺、善通寺などの観光スポットも数多くあります。

イルミネーションで外にいて体が冷えた後は、ゆっくりと宿泊してくつろいでみてはいかがでしょう。

私も利用したことのあるおすすめの宿泊施設をいくつか紹介しますね。

 

 こんぴら温泉 琴平花壇

和風庭園の数寄屋造りの離れと、現代的な施設が調和された癒しの空間のある温泉宿です。

ゆっくりと温泉で体を温めてみてはいかがでしょう。

 展望浴場もあって、そこからは讃岐富士とも呼ばれる飯野山を見ることもできます。

食事では、讃岐コーチン、讃岐牛、讃岐夢豚をはじめ、瀬戸内海の新鮮な魚介類も楽しむことができますよ

宿泊料金は、大人1名10,000円~。

こんぴら温泉 琴平花壇へのアクセスは、琴平駅から徒歩で約15分です。

 

 ことひら温泉 琴参閣

きれいで大きな旅館宿といったイメージの温泉宿で、露天風呂がついたお部屋まであるんですよ。

 温泉も充実していて、展望浴室や露天風呂も広くてゆっくりできます。

食事は海から山の幸まで、季節の旬の食材が楽しめますよ

宿泊料金は、大人1名5,000円~。

ことひら温泉 琴参閣へのアクセスは、琴平駅から徒歩で約5分です。

 

 大江戸温泉物語 ホテルレオマの森

レオマワールドのオフィシャルホテルです。

天然温泉もあって、森に囲まれた温泉リゾートです。

 翌日レオマワールドで遊んで帰るなんていうコースもありですよね。

食事は、ずわい蟹をはじめ、魚介類メニューも充実したバイキングですので、たっぷりと食べることができますよ

宿泊料金は、大人1名9,000~。

大江戸温泉物語 ホテルレオマの森へのアクセスは、琴平駅から車で約15分です。

 

まとめ

まんのう公園のイルミネーションは、香川県で人気のイルミネーションスポットです。

公園一面がイルミネーションといった感じで、スケールの大きさといいすごく幻想的です。

毎年たくさんの方が訪れますが、車で行かれる方がほとんどみたいですね。

 実際に私も行って来ましたが、駅からバスということもあって、場所的に電車では少し行きにくいと感じました。

また、行きはバスで行けたとしても、帰りのバスがまんのう公園発が19時台で最終のため、そうなるとタクシーという手段しかないんですよね。

また、周辺にレストランなどもないので、ご飯を食べに行くにしても車の方が便利です

駐車場だけがまれに混雑することがありますが、早めに余裕を持って行くようにさえすれば何の問題もないですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す