ハウステンボスのイルミネーションの見所は?期間はいつからいつまで?

冬のイルミネーションはいろんなものがありますよね。

3Dマッピングの光のショーが開催されるものや、光の回廊のようなゴージャスなものまで様々です。

その中でも、ちょっと異国情緒溢れる豪華なイルミネーションを楽しんでみたい方におすすめのイルミネーションがあるんです。

それが、長崎のハウステンボスのイルミネーションなんですよ。

そこで今回は、ハウステンボスのイルミネーションの見所と期間はいつからいつまでなのか点灯日時やチケット料金などについて紹介していきましょう。

スポンサーリンク


ハウステンボスのイルミネーションの見どころは?

長崎ハウステンボスのイルミネーションは、ハウステンボス全体が光に包まれた世界へと変化します。

なので、見どころは満載なんですよ。

 特に、日本最大級とも言われている全長66mの「光の滝」はすごい迫力ですね。

タワーシティのドムトールンから光のアートガーデンに流れるようになっていて、いろんな色に輝く光の滝の鮮やかさが見どころです。

ハウステンボス 光の滝の見どころ

 

 そして、体感型のイルミネーションの「光のバンジージャンプ」なんていうものがあるんですよ。

高さ20mの所から光のアートガーデンへと飛び込みます。

そこから見える光の景色がすごくきれいなんですが、ちょっとスリル満点すぎるかもしれません。

他ではきっと経験できないって感じですね

一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

高い所とスリルが苦手な私は到底無理ですが…。

ハウステンボス 光のバンジージャンプの見どころ

 

 あとは、「スーパーイルミネーション3D」というプロジェクションマッピングも見どころの一つですよ。

鮮やかなイルミネーションと立体的に動き出すプロジェクションマッピングの組み合わせで、さらに迫力がアップしてますね。

何よりも1,300万級の光のイルミネーションが、まさに光の王国です

初めて見た時は、こんなイルミネーション見たことがない!と私も感動しましたよ。

ハウステンボス 花と光の王国の見どころ

スポンサーリンク


ハウステンボスのイルミネーションの期間はいつからいつまで?

長崎ハウステンボスのイルミネーション期間なんですが、実は冬だけというものではないんですよ。

9月1日からは「秋の光の王国」と呼ばれるイルミネーションが開催されています。

そして、その「秋の光の王国」が更にパワーアップし、次に「光の王国」が始まるんです

そんなハウステンボスのイルミネーションの開催期間は、2016年10月29日(土)~2017年5月7日(日)までです。

 

イルミネーションの点灯時間は、日没からハウステンボスの営業終了時刻の21時までとなっています。

ただし、最終入場は20時で一部の店舗やアトラクションは22時、23時までの延長があります。

また、12月31日は25時まで営業してますよ

 

ちなみに、ハウステンボスはテーマパークですので入場するのにチケットが必要です

チケット料金を紹介しますね。

 ハウステンボス終日パスポート(入場1日、パスポート対象有料施設1日利用券)

大人(18歳以上):6,400円

中人(中学生・高校生):5,400円

小人(4歳~小学生):4,000円

シニア(65歳以上):5,900円

 

 ハウステンボス散策チケット(入場1日、パークバス1日入場券)

大人(18歳以上):3,900円

中人(中学生・高校生):2,900円

小人(4歳~小学生):1,600円

シニア(65歳以上):3,900円

 入場だけというのであれば、散策チケットがおすすめですが、大人の場合、光の王国パスポートと400円ぐらいしか変わりません。

なので、夕方以降に入園し、アトラクションなども楽しむのであれば、光の王国パスポートがおすすめです

 

 光の王国パスポート(17時以降の入場、パスポート、パレスハウステンボスの入場)

大人(18歳以上):4,300円

中人(中学生・高校生):3,900円

小人(4歳~小学生):3,000円

シニア(65歳以上):4,300円

イルミネーションが目的で入園するなら、アトラクションも楽しめる光の王国パスポートが一番おすすめですね。

 

 なお、障害者手帳や療育手帳、精神障害者手帳を持っている方は障害者割引が適応されますよ。

ただし、9月26日と12月31日は適応除外日となっているので注意してくださいね

 

 一緒に読むと参考になる情報!

>> ハウステンボスのイルミネーションの混雑状況とアクセスは?

スポンサーリンク

コメントを残す