うさぎ島でおすすめの宿泊施設は?うさぎ持ち帰りはできるの?

スポンサーリンク


今、日本のある島が外国人で間で話題になっています。

その島というのが、たくさんの野生のウサギが繁殖しているうさぎ島なんです。

日本に訪れる外国人の旅行者が後を絶たない程の人気なんですが、せっかくうさぎ島に行くんでしたらゆっくり観光したいですよね。

そこで今回は、うさぎ島でおすすめの宿泊施設や、うさぎは持ち帰りはできるのか、などについて紹介していきます。

スポンサーリンク


うさぎ島でおすすめの宿泊施設は?

うさぎ島でおすすめの宿泊施設

 うさぎ島で宿泊する場合は、宿泊施設は1つしかありません

大久野島の宿泊施設と言えば、休暇村 大久野島しかないのです。

 

全室南向きの部屋になっていますので、どの部屋からも海を望むことができます。

部屋は和室、洋室があります。

 昭和を思わせるような宿泊施設ですが、清潔感があり、部屋の内装などにピーターラビットが使われていたり、うさぎの置物があったりで可愛いかったです。

うさぎ島だけに、こんなところにまでウサギが!と言った感じですね。

 

休暇村大久野島の宿泊料金は、宿泊プランにもよりますが、1泊一人当たり10,000円前後です。

そして、フェリー乗り場からのアクセスですが、フェリー乗り場へ到着すると、休暇村へは無料の送迎バスが出ていますよ。

うさぎ島のうさぎ持ち帰りはできるの?

可愛いうさぎたちを見ていると、ついつい家に連れて帰りたい衝動に駆られるかもしれません。

でも、うさぎを持ち帰ることはできませんのでご注意を。

 

うさぎを抱っこすることもマナー禁止とされていますので、持ち帰るなどもってのほかですよ。

その他に、うさぎ島ではこんな注意事項が書かれた貼り紙がありました

うさぎ島でのマナー

・追いかけまわしたり、抱っこしたりしないでネ!

・道路や道路脇、玄関前でのふれあいはダメ!

・口もとに手をやらないでネ!

・お菓子やパンを食べさせないでネ!

・ゴミをポイ捨てしないでネ!

・島にウサギをすてないでね!

うさぎは犬や猫に比べると、すごく臆病な動物です。

無理やり触らないようにしましょう。

 

うさぎ島での楽しみ方ですが、一番はやはりうさぎとの触れ合いです。

人参スティックのエサならあげることも可能なので、用意して行くといいですよ

 また、うさぎとの触れ合い以外に、サイクリングやテニスといったアクティビティを楽しむこともできます。

ぜひ、ゆっくりと1泊してゆっくりとうさぎ島を満喫してくださいね。

 

まとめ

うさぎ島は、うさぎ好きにはたまらない場所です。

島中どこに行ってもうさぎたちがいて、見ているだけで癒されますし、ほっこりとした気持ちになることができますよ。

そして、島自体がのんびりとした雰囲気ですので、忙しい日常を少し忘れ、ゆっくりと行かれることをおすすめします。

アクセスは少し不便ですが、大阪からなら日帰りできないこともないです。

でも、うさぎに癒されながらゆっくりと過ごしたいなら、1泊で行かれることをおすすめします。

 

 一緒に読むと参考になる情報!

>> うさぎ島って何県のどこ?アクセスで大阪からの行き方は?

スポンサーリンク


コメントを残す